巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

WUG楽曲 ライナーノーツ #6 Beyond the Bottom

WUG楽曲 私的ライナーノーツ第6回目。


予めお断りさせていただきますが……

今回は、これまで以上に暑苦しい文章になるかと思います。
初夏にさしかかろうとしている時期ではありますが
まだ冷えて困るという方にお奨めです。


今回紹介するのは、最終決戦感満載の楽曲で
続・劇場版後篇の主題歌


Beyond the Bottom

 

f:id:Akatonbo02:20170505194423j:plain

Wake Up,Girls!のアンセム・ソング
『タチアガレ!』力強さ熱。
対となる『静』の楽曲『言の葉青葉』秘めた強さ
そして……『タチアガレ!』の後継曲
少女交響曲艶やかさ凛然な佇まい。


『タチアガレ!』~『Beyond the Bottom』に至るまでの
物語であやゆる試練や困難に対し
彼女達(2次&3次のWUG)が貫き通した何度打ちのめされても
尚、諦めずに闘う姿を彷彿とさせ
そして、彼女達七人がこれまでに培って来たもの全てを
全力で解放する様なパフォーマンスが印象的。


間奏~落ちサビ前にて、高木美佑さんに手を引かれて
センターへと導かれて落ちサビを歌う吉岡茉祐さん。
その所作はまるで……
繋いで来た6人の『想い』『魂』を吉岡さんに託すかの様であり
そして……託された吉岡さんの限界領域の向こう側から引き出した
一度溜め込んだ『想い』『魂』を全て解放する様に
力強く遥か遠くまで響かせようと歌いあげる……

純然でいて、ひたすらに真っ直ぐな『想い』
七人の繋がりが支えあい、更なる高みへと突き抜けて

大サビで臨界点を超えた七色の『歌声』が響き渡り


七人の『想い』と『魂』が楽曲に宿る。

 

この3種の楽曲の真髄を組み込みそして、繋いで来たものを昇華させて
壮大かつ俯瞰的で煌びやかでもあり
同時に、血の通う人間味溢れる雰囲気をも醸し出し
沸々と湧き立つ熱さを感じつつ
また、沁みる様に聴かせていく重厚な構成。

劇場版『七人のアイドル』~TVシリーズ~続・劇場版へ連なる
第1次WUG(こう呼称させてもらう)を
締め括るに相応しい楽曲ではないでしょうか。

 

Beyond the Bottom』がライブで初披露されたのが

『Wake Up,Girls!Festa.2015 Beyond the Bottom Extend』

で、私の中で現時点まで最高だと思う
Beyond the Bottom』が聴けたのがこの公演でした。


当時は、アニメの展開が区切りを迎えて
先の展開が不透明の状態であり
更には、終焉的なモノも感じる状況でもありました。

そんな雰囲気漂う中で彼女達が魅せた
捨て身の覚悟で臨む姿は
燃え尽きて消える前の炎が瞬間的に激しく燃え盛る様子を彷彿とさせ
そして、この一節が
彼女達の覚悟と同調するかのようである。


それが僕には最後の 生命(いのち)の燃やし方だから

Wake Up,Girls!Beyond the Bottom』より引用


彼女たちの懸命に抗う姿は
熾烈であり、純粋でいて、尊く、神聖なものに感じ
当時、会場で聴いた感動は筆舌に尽くしがたいものだった……

 

冒頭に書いた様に、最終決戦感を感じる楽曲。
ライブやイベントでの披露は特殊な演出の都合を除けば
後半のクライマックスに差し掛かる所や
締めの曲で披露される事の多い傾向にあります。

じっくりと沁み入る様に聴き惚れ
しなやかで艶かしいダンスに魅入られて
“視覚と聴覚”を研ぎ澄まして、この楽曲を思う存分堪能すべし。


まぁ……毎度ながらライナーノーツと呼んで
良いモノかどうか分かりませんが

この際、気にしたら負けだと思いますのでww

このまま勢いに身を委ねて
他の楽曲も出来る限り多く紹介して行きたい所存であります。