巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

闘う準備は出来ているか?!~Wake Up,Girls! FINAL TOUR- HOME -開幕に寄せて

 どうも。あかとんぼ弐号です。

 

 6月15日にWake Up,Girls!が2019年3月をもっての解散が発表され……
FINALTOUR- HOME - ~ PARTI Start It Up, ~の開幕まで残す所一週間。
PART3の概要は現時点では全く不明という状態だが
このツアーは2018年から2019年にかけ3部構成での開催という長き『闘い』となる。
自分は、 PARTIのみだが千葉(夜)神奈川(2日目夜)埼玉(夜)に参戦する。

 

 f:id:Akatonbo02:20180701220236j:plain

 f:id:Akatonbo02:20180701220232j:plain




 

 

 当ブログでは、これまでにもツアー前や冬のWUGフェス前に
俺なりの意気込みを書き綴って来ました。
で、今回もこれまでと同様に今回もWUGの七人が挑む
『最期の闘い』に参戦するに当たっての意気込みを書き綴っていく。


 
 2014年の夏。WUGの1stライブツアーが開催された。
自分は当時まだ彼女達の存在を知らなかった為
現地参戦はしていませんでしたので、東京公演のライブBDにて観させてもらった。
荒削りで不恰好ながらも、『想い』と『魂』を届けようと
挑む者としての気概を魅せてくれる激熱なパフォーマンスを魅せてくれた。


俺が初めてWUGのライブに参戦する事となった2015年夏の2ndツアー。
新たに加わった五曲の新曲を引っさげ、成長の証と変わる事のない
『攻め』の姿勢を貫いた1stツアー以上の激熱なパフォーマンスを魅せてくれた。


彼女達七人が先の見えない状況において……
各々が抗い、挑んで掴んだ『答え』を携えて迎えた2016年の3rdツアー。
参戦して何よりも強烈に感じたのは、未知の領域へと踏み込む『決意』や『覚悟』
各々が一人の表現者として絶対に生き残ってやろうという『執念』や『闘志』だった。

 

そして……『繋がる』事をテーマに掲げた昨年の4thツアー。


『これがWUGだ!これがWake Up, Girls!のライブだ!』


力強い決意と覚悟を込めた吉岡茉祐さんの魂の咆哮と七人の想い。
そして……予想を裏切り、期待に見事に応えてくれた。

 

 七人でいられる刻を大切にして、この七人で何かを成し遂げたい『想いと魂』
七人七様の強烈な『個』があり七人揃った時に
より強く輝いて誰が欠けても成り立たない
WUGにしか出来ないパフォーマンスと表現を武器に闘っていて
彼女達7人の偽りの無い本気の『想い』と『魂』がそこにある。


そんな七人の姿を間近で観てこちらが燃え滾って応えないワケにはいかない。

 

 

f:id:Akatonbo02:20180701220103j:plain
 

 吉岡茉祐さん


貴女は七人揃っている事の意義と絆の重みを大切にし
七人全員が揃った時の輝きと力の強さを誰よりも信じていました。
そして、これまでの恩返しを我々にしたいとも仰っていました。
WUGのセンター・背負う者としての矜持と魂、燃え滾る情熱
常に貪欲に遥か高みを目指し闘う気概と闘志には
心が湧き立ち燃え滾るモノを感じさせていただいた。
こちらこそ恩返しをさせて下さい。

 

 

f:id:Akatonbo02:20180701220052j:plain

 

 永野愛理さん


技術面だけでなく精神面においてもメンバーを支える『扇の要』
ワグナーと様々な形で『繋がろう』として様々な行動を起こしてくれた事……
何よりも俺が一番強烈な印象を受けたのが
ソロ楽曲『minority emotions』で表現していた『我』を貫き通す意地と覚悟でした。
桜=永野さんがどんな『花』を今後どうやって咲かせるのか楽しみでならない。

 

 

f:id:Akatonbo02:20180708101936j:plain

 

 田中美海さん


貴女を『ハナヤマタ』で知り、そして…Wake Up,Girls!との巡り合いに繋がった。
初めて見た時に『何か凄ぇのが現れた』と感じこれまでに魅せてくれた
期待を上回りきっちりと成果を魅せつける姿に
"ファンタジスタ"の輝きを勝手に感じさせてもらいました。
剛毅で我が道を邁進していく強さ、関わった『縁』を大切にする繊細さ。
自分達がここまで繋いできたものに嘘は無かったという強固な信念。
"WUGのファンタジスタ"の更なる輝きを魅せて感嘆させて下さい。

 

 

f:id:Akatonbo02:20180701220111j:plain

 

 青山吉能さん


リーダーらしくないと言っていますが
『今』を全力で戦えない者に『明日』という雄飛の機は訪れないし掴み取れない。
貴女の不器用だけど直向きで常に全力を出し尽くし限界まで闘う姿勢
他の六人だけじゃなくて、見ている我々も凄く刺激されていると思っています。
最強で無敵なユニットが最高のツアーを届けると言う
貴女の決意と覚悟をきっちりと受け止めて力になりたい。
そして…偽りの無い本能と、血が流れる"魂の絶唱"を聴かせて下さい。

 

 

f:id:Akatonbo02:20180704225818j:plain

 

 山下七海さん


貴女の圧倒的な『個』の力と『才』を賞賛するのに
相応しい形容詞が未だに浮かびません。
もしかするとその形容し難い所に強く惹かれたのかなと思えます。
魅せる力の強さ、程よく適当で飄々とした佇まい……
でも内に秘めている熱く燃え滾る純然な魂をもった方。
進化の為に恐れず変わろうとして踏み出す決意と覚悟
これまでに培い積み重なったものが芯になり
遥か遠く、多くの人達に本気の想いを届けたい清廉な願い。
魅惑的かつ熱い情熱で、また自分の魂を撃ち抜いて下さい。

 

 

f:id:Akatonbo02:20180708113924j:plain

 

 奥野香耶さん
  

ミステリアスで、強かで我が強く狂気的な要素のある魔性の領域
貴女を初めて知った頃から翻弄されっ放しの様に思えます。
その一方では凄く気遣いの出来る優しい包容力のある情に篤い方。
解散発表で見せていた悔しさを噛みしめながら言葉を絞りだそうとする姿…
でも、あの時に余計な不安をさせまいとし
ワグナーを慮った気遣いには感謝の念しかありません。
今度は我々が貴女の厚意に全力全開で応える刻です。

 

 

f:id:Akatonbo02:20180708102029j:plain

 
 高木美佑さん


貴女を見ていて印象深いのは、常に笑顔で本当に全力で楽しみ躍動されている姿。
"Keep smiling"この言葉に込めた貴女の強い信念がそうさせるのですね。
そして、かつて貴女がブログに綴られていたこの言葉を俺は忘れずにはいられません。

 
 一生忘れないようなステージ、私達もいつかできるのかなぁ。

Wake Up,Girls! official blog 桜満開でしたね♪(み´μ`ゆ)より引用

 
このファイナルツアーの一つ一つのステージがかけがえが無く
どれ一つとして忘れられない最高のステージになる。
度胸満点の"笑顔のファンタジスタ"が溌剌と躍動する姿を
俺の網膜と脳ミソにきっちりと焼き付けていきたいと思います。

 


と、まぁ…ざっくりと雑な感じになってしまったが七人への感謝の念を書き殴った。
上記に書いてはみたが、彼女達七人に伝えたい想いは書き尽くせない程ある…
ただ、一番に彼女達七人に伝えたい言葉は

 

『本当にありがとう』と言う感謝の言しかないんです。

 

 WUGの七人が、参戦する俺達が限界まで出し尽くしやりきる事。
常に最高を更新し続ける為に…その刻を本気で駆け抜け心に刻み込む事。
この長い闘いと最期の刻を『極上の笑顔』で完遂出来る様に
俺は参戦出来る『今』とこの『刻』を大事にして
Wake Up,Girls!が輝く瞬間を胸に深く焼き付けたいんだ。


この想いはおそらく、多くのワグナーが特別に感じている事でしょう。
様々な想いがそこにあってその人なりの刻の迎え方がある。
そして、Wake Up,Girls!を通じてこれまでに出会えて繋がれた様々な人達と
共に闘い、後に語り合い本気の想いを共有出来たらどれだけ素晴らしい事か。

そして、それは決して難しい事では無いと思います。
彼女達七人の本気の想いと魂を間近で観て感じた偽らざる想いを叫べば良い。

ライブの模様を事細かく記載される方。刻み込まれた本気の想いを書き残す方。
楽曲を深く熱い情熱にて考察する方。論理的に物語やライブを考察する方。
七人と楽曲の魅力を伝えようとする方。多くの方と繋がれる場と機を設ける方。
推しについての情熱を深める方。イラストでWUGへの愛情を表現する方。
彼女達の楽曲を演奏または歌い踊って魂を共有する方。

 

挙げればキリが無くて、それぞれにWUGへの向き合い方や楽しみ方がある。

 

 しかし……全ての人がライブに参戦出来るとは限りません。
どうしても物事には限度や越える事の出来ないモノがあります。
出来得る限り多くの方と『想いと魂』を共有し『繋がれる』事
遥か遠くへ届ける為には皆さんの想いが必要になります。


で、その想いを表現していく形式はどんなものでも良いと思います。
ぶちまけたい本気の想いがあるのなら我慢せず解き放って下さい。
勿論、時期についても限定されるものじゃありません。
解散してしまったからといって何かを残す事をやってはいけないなんて事は無いし
きっとその本気の想いは誰かに届き応えてくれると俺は思います。


 参戦される方、残念ながら参戦の叶わなかった方
それぞれの色々な想いはあり、まだ踏ん切りがつかない所もあるでしょう。
でも、彼女達七人は参戦した人は勿論参戦の叶わなかった人達の
想いと魂に届けようと全力全開のパフォーマンスを魅せて
燃え滾って心を湧き立たせてくれる事でしょう。


俺達が今のこの刻で出来得る事は……
解散の真の理由をあれこれ詮索する事や駄々こねる事じゃない。
(誤解の無い様に付け加えるが、あくまでも俺自身での感覚です)
受け入れ難い現実と向き合ってそれぞれで辿り着き信じた『答え』を携えて
この闘いに臨む事だと自分は思っております。

 

彼女達はこれまでにも、期待に応え、予想を見事に裏切ってくれました。
どんな逆境や苦難に遭っても、共に寄り添って闘い
裏切らずに共に軌跡を駆けてきた彼女達の想いと魂が傍らにあった。


吉岡茉祐さんと島田真夢 永野愛理さんと林田藍里 田中美海さんと片山実波

青山吉能さんと七瀬佳乃 山下七海さんと久海菜々美

奥野香耶さんと菊間夏夜 高木美佑さんと岡本未夕……


このままじゃ終われないし、まだ出来る事がある。
ここから本当の意味で彼女達の勝負が始まる。
俺達も、彼女達の輝きと本気の想いと存在した『証』を己の魂に刻み込む。


そして、このFINALTOURの最期の刻まで全力全開で楽しみましょう。

 


 最後に……皆さんにこの言葉を投げかけ
自分のFINALTOURの意気込みを締めさせていただきます。

 

 参戦出来る刻と機はそれぞれに違って来る事と思いますが
それが早いのか遅いのかはこの際どうでも良いと思います。
参戦出来る公演を全力で楽しむ事、参戦が叶わずとも想いと魂を飛ばす事
悔いを残さない為にそれぞれの臨み方があります。


Wake Up,Girls!に巡り合えた"奇跡"と刻み込んだ想いと魂を携えて
共に軌跡を振り返らずに真直ぐ駆け抜け……

 

闘う準備と覚悟は出来ていますか?!!!!!!!

 

f:id:Akatonbo02:20171126173238j:plain

 

そして、彼女達七人がこれから紡ぐ"物語"が誰一人として欠ける事無く無事に
ファイナルツアーを立派に駆け抜けて完遂の刻を迎えられる事を願っております。

 


 乱筆、乱文でありましたが最後まで読んでいただいてありがとうございました。