読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

Wake Up, Girls!Festa. 2015 Beyond the Bottom Extend  参戦レポ【前篇】

未分類 WUG記

12月12日(土)に幕張にて開催された

Wake Up, Girls!Festa. 2015 Beyond the Bottom Extendに

参戦して来ました。

 

 参戦レポについては、前・後篇+追記の

3回に分けて書いていこうかなと思っています。

  

まずは、戦場(会場)入りし

座席の設置模様を見て感じたのは

 

 あ~コレ、ステージ観えねぇぞ…とwww

 

(私の席はCブロックでした)

 要は、平面状に座席に椅子を並べておる状態で

まぁオールスタンディングと変わらんのである。

 私の参戦史上最も厳しい戦いになるのは必定でした。

 

 で、イベントの内容は以下の流れで進行。

 

 【ライブパート1】

 

 

少女交響曲

・地下鉄ラビリンス

・極上スマイル

・企画コーナー【アイドルの祭典・ホームラン対決】

・物販紹介・告知コーナー

 

【ライブパート2】

 ・7 Girls War

・素顔でKISS ME

・レザレクション(ネクストストーム)

Beyond the Bottom

 

【アンコール】

・ワグ・ズーズー

・タチアガレ!

  

では、順を追って書き綴っていきます。

 

少女交響曲

 

この楽曲を開幕に持って来た意味

勝手な想像の域ですが、こう解釈しました。

最近WUGを知り参戦した方には、比較的新しいこの楽曲にて

ライブの雰囲気に馴染む為。

 それ以外の方達には、夏からの成長の証を魅せる為。

 そして、この楽曲の放つ『力』

どの順番で出しても盛り上がるであろうという事を示す事。

・・・じゃないのかと思います。

  

『地下鉄ラビリンス』

 音源をガッツリと聴いて感じたのは

ライブ映えするのは確実で、絶対に盛り上がる楽曲。

 まあ、盛り上がりましたよね。

 

この曲も、どの順番で出しても盛り上がるでしょうが

 ライブ序盤で出す方が、真価を発揮出来る様な感じでしょうかね。

 

『極上スマイル』

実に卑怯な構成じゃないですかコレはwww

でも、こういう攻撃的な姿勢嫌いじゃないです。

少女交響曲』『地下鉄ラビリンス』で盛り上がった雰囲気を

きっちりと受け継ぎ、更なる盛り上がりに持っていく。

 滾って来たのは言うまでもありませんwww

 

ライブパートは一旦終了し、ここから企画コーナーに。

 

 

白木さん役の宮本さんが登場し『アイドルの祭典』の開会宣言。

Wake Up,Girls!』『ネクストストーム』『I-1本隊』が登場し

更に、松田さん役の浅沼さんと大田さん役の下野さんが登場。

 1番の歓声が上がったのは、下野さんが登場したときですかねwwww

 下野さんは、スーツを着ておりましたが

浅沼さんからの指摘からの客席による『着替え』コールwww

 一旦舞台から捌けて、ワグナーの正装に着替えて再登場。

(ちなみに、身に着けてるグッズ類は下野さんの自腹で購入との事www)

 

 

勝負の形式は、飛距離とパフォーマンスを競う『ホームラン対決』で

4チームによるトーナメント戦。

 

 チーム分けは、以下の通り。

 

・WUG東国出身勢(田中さん、高木さん、永野さん、奥野さん)

・WUG西国出身勢(吉岡さん、山下さん、青山さん)

・ネクストストーム(大坪さん、安済さん、高野さん、甘束さん)

・I-1本隊(山本さん、上田さん)

 

パフォーマンスの後、バッティングティーに置いたボールを打ち

その飛距離を競うのですが

飛距離に関しては、皆似た様な結果(空振りor飛ばない)のは予想通り。

 どちらかと言うと打つ前のパフォーマンスが

 各々の個性が発揮されて盛り上がった感じですかね。

 

 んで・・・激戦の末優勝したのは

WUG東国出身勢チームでした。

 

 アイドル達は、一旦捌けて

浅沼さんと下野さんによる、物販紹介と告知。

 (殆どのグッズが既に売り切れだそうでwww)

 

 告知では、ベスト盤CDの情報が解禁。

 中でも『セブンティーンクライシス』と『プラチナサンライズ

この2曲が収録されるのは、嬉しいところですねぇ。

  

物販紹介と告知が終わり、再びライブパートに突入。

以降の模様は後篇に続きます。