読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

SMASHING ANTHEMS 所感

水樹奈々さんのニューアルバム

SMASHING ANTHEMS』を購入しました。

全体的な所感ですが

収録曲の『激熱さ』『中毒性』『安定感』『まったり感』が

良い感じのバランスにまとまっていると感じました。

取り合えず、新録曲についての所感を書いていきます。

まずは『激熱さ』について

1曲目の『Glorious Break』で意表を突かれた。

シングル曲『Exterminate』の流れを汲む超攻撃的な楽曲。

激熱な楽曲の多い水樹さんですが

アルバムの1曲目で、こういう楽曲を持って来るのは珍しい。

続いての『Never Let Go』

『Glorious Break』とは違う方向性の『激熱』な曲。

行進曲の様で、ゆったりとしたテンポだが

力強さを感じさせ、内面から沸々と闘争心を湧き立たせてくれる感じ。

もう、この楽曲をBGMにして入場したい気分になるwww

『熱情のマリア』では

情熱さと艶っぽさを押し出した感じの

謡曲的なテイストの楽曲。

この歌謡曲的テイストと水樹さんのボーカルとの組み合わせの

ハマリ具合は絶妙という感じではないかと。

『エゴアイディール』は

個人的な所感ですが、水樹さんの『表現者』としての

想いやスタンスを形にした楽曲なのかと思う。

『エゴ』と言う単語から連想されるのは、良いイメージは無いが

『想い』と同等の意味合いを持つ単語だと個人的には思う。

『笑われてもいいから全力で歌いたい』

このフレーズに、水樹さんの『表現者』としての想いが

集約されてると思います。

『中毒性』に該当するのは

『SUPER☆MAN』と『The NEW STAR』

『SUPER☆MAN』は、ライブ映えるのは確実な曲で

驚異的な中毒性の『DISCOTHEQUE』の流れを汲む楽曲。

『The NEW STAR』も中毒性の高い楽曲。

ソウルミュージックの様な歌い方が特徴的ですね。

初聴の時は、癖の強い変化球的なイメージでしたが

聴いていく内に味の出て来るスルメ曲。

『BRACELET』『Clutch!!』で見せる『安定感』も見事。

『BRACELET』の歌謡ロックテイストと

『Clutch!!』の応援ソングテイスト。

水樹さんの初期の頃多く見られた

こういう感じの楽曲を聴くと安心しますね。

『まったり感』を持つのは『コイウタ。』と『アンビバレンス』

コイウタ。』は、深夜の静寂とした独特の空気を彷彿とさせ

濃い楽曲揃いの多いこのアルバムでは異彩を放つ落差の激しい楽曲。

ジャズ調の曲調が特徴的な『アンビバレンス』

ピアノの音がまた心地良く

良い感じで力の抜けているボーカルとの調和が取れた印象。

一人飲みの時にかけるBGMには最適な楽曲www

11枚目のアルバム、歌手活動15周年。

ここまでの軌跡と、これから紡ぐ新しい物語。

『攻め』の姿勢を見せつつも

新しい要素も取り入れていく『挑戦者』の姿勢。

この昔から変わらない

水樹奈々アイデンティティに、自分は惹かれ追い続けてるのかなと

自分も改めて認識する事が出来た。