読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

決戦前日~WUGフェス2016に寄せて~

WUG記

 早いもので……
Wake Up, Girls!Festa.2016SUPERLIVE
開幕まで残り1日となった。

WUG、I-1本隊、ネクストストームのキャストが勢揃いする
『決戦』と呼ぶに相応しいモノになると思われるこのイベント。


個人的に注目しておるのは
I-1本隊のフルキャスト参戦である。

WUGの7人とは違い、I-1本隊のメンバーは
常にユニットとして活動しているワケじゃない。
ユニットでの錬度・連携の面では不安もあるでしょう。
しかし、ステージの上では
それはただの言い訳にしかならない。
その事は、彼女達も百も承知でしょう。

2014年のWUGフェスでは
WUGに立ち塞がる『壁』として
表現者の『意地』と『魂』を彼女達に見せ付ける
ボスユニットに相応しい活躍を魅せた。
そして今回も、花を添えに来たのではなく
出る杭を打ちに……いや

根元からぶっこ抜いて更地にしてやろうと

おそらくそういう気概で向かって来るのではと
勝手に思っております。

 

昨年に引き続いての参戦となるネクストストーム。
前回のパフォーマンスは、本当に素晴らしいモノを魅せてもらえた。
今回、彼女達に掲げられる期待値のハードルは
かなりの高さに設定されるでしょう。

第三勢力的な立ち位置のこのユニット。
彼女達が巻き起こす『嵐』は
今回のイベントを(良い方向に)激しく乱していくのでしょうか?
それだけのポテンシャルを秘めていて
なおかつ、見せ付ける事の出来るユニットだと感じている。


そして……仕留めに来る気満々の先輩達を
迎え撃つ格好となるWake Up,Girls!の七人。
彼女達が『きちんと闘える』かで
このWUGフェス2016の成否を決めると言っても過言じゃない。
さながら、大軍勢に包囲されつつも一点突破の奇襲に全てを懸ける
七人の背中が見えるのは私だけだろうか?


昨年、幕張にて吉岡さんが涙ながらに

『まだ、WUGを終わりたくないと叫んだ。

あくまでも、私の推測かつ妄想の域ですが
彼女達が、吉岡さんのあの言葉の意味を真摯に受け止め
今まで以上の危機感を抱いて
一人の『表現者』として生き残っていく為
日々の活動の中にて必死に考え、抗って過ごしたのではないかと

で、その成果や決意を3rdツアーで彼女達が
生き残ってやるという執念と
未知の領域へと踏み出す決意と覚悟を示した。


そして、WUGフェス2016にて彼女達が魅せようとしているのは
『勝ち残る為』の闘いではないのでしょうか?
出る杭を根元からぶっこ抜きに来るのなら
その勢いを利用し、更に伸ばしてやろうという
強かさと図太さを先輩達や参戦する観客に魅せる……

そんな彼女達の逞しい姿を私は観てみたい。


まぁ、過度の期待は禁物ではありますが
やっぱり、ライブやイベントの前日なんてのは
滾るモノを抑えられませんねぇwww