読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

LIVE BD

『Wake Up, Girls!』のライブBD

Wake Up, Girls! 1st LIVE TOUR 素人臭くてごめんね!/

Wake Up, Girls! Festa.2014 Winter Wake Up, Girls! VS I-1clubを観賞。

 

 観ていて、個人的に印象深かった事を

ざっくりと挙げていきます。

 

 『タチアガレ!』

ツアーのも勿論素晴らしいモノだったが

幕張公演でのバージョン

劇場版の映像が流れ(真夢がWUGに加入~勾当台公園でのライブ)曲に入る展開。

この流れは、反則ですよww

 

 『オオカミとピアノ』

このBDの代金の半分は、この曲の『魅惑的な破壊力』を

BD画質で観る為に払ったと言っても過言では無いww

東京公演では、『ミスしない様に確実にやり通す』的な

丁寧な立ち回り方だなぁと感じた。

 

で・・・幕張でのステージ。

登場の段階で既に『ヤバい、何か違う!!』雰囲気を醸し出していた。

完全にスイッチ入っちゃってましたねぇ。

絶対に他のメンバーをバリバリに意識してたはず。

先に歌ったメンバーに対しての『負けない』想いと後に繋ぐ

メンバーへの『挑発』とか

感情の波が色々押し寄せて覚醒の扉を開けたのかな・・・

なんて事を思ってたり・・・

 

コレ観て改めて思った・・・生でこの曲聴きてぇッ!!!って。

 

『ジェラ』

ライブツアーでは、Wake Up, Girls!が歌い

幕張でのイベントでは、I-1clubが歌いました。

同じ曲でも、表現者によってこんなにも違うモノになるのかと。

 

WUG版ジェラは、若々しさをフルに押し出した

情熱的かつ躍動感で魅せる『動』のジェラ。

このバージョン・・・有りでしょう。

中でも衝撃的だったのは、吉岡さんが歌った2番の『You get jeaousy』の部分での

彼女の『目力』ハンパじゃなく凄かった。

 

そして、本家I-1club版ジェラ。

こちらは、WUG版とはまた違い

官能的で、艶っぽさで魅せる『静』のジェラ。

こちらのジェラは、今のWUGでは出せない要素で攻めて来た。

おそらく、満足な練習期間は取れなかったと思われる中

WUGに立ち塞がる『壁』、演者の先輩としての『意地』・・・とか

なんか色んなモノを魅させて貰えた。

 

『DATTE』

所謂『ド演歌』なこの楽曲を見事に歌い上げた

田中美海さんの、枠に囚われない底の深さにただ感服。

 

『極上スマイル』(14人ver)

こういう全員で歌うバージョンって個人的に好きなんですよね。

もう感無量。

Wake Up, Girls! VS I-1clubというステージを締めるに

相応しい曲・アレンジだと思いました。

この先2度と観られない光景かも・・・

 

こんな感じです。

もう、ライブツアーが楽しみで仕方が無い!