読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

WUG楽曲 ライナーノーツ#3 16歳のアガペー/言の葉青葉

WUG楽曲私的ライナーノーツ第3回目は
まず、この楽曲から紹介していく。


『16歳のアガペー

 

f:id:Akatonbo02:20170423215314j:plain

画像はこの楽曲の最後のポーズ(……の筈)
違ってましたら申し訳無い。

 

『7 Girls War』のカップリング曲で
センターポジションは永野愛理さん。

思春期の女子の日常風景、恋愛模様を描いた
ポップな爽快感と初々しさを感じさせる曲調が特徴の
王道的なアイドルソング。

劇中においては、この楽曲を提供されて
単独ライブを開催するのだが
同日にI-1Clubの仙台シアターの公演と重なってしまい
惨憺なものになってしまった不遇な楽曲。

しかし、現実においては逆転現象が起こり
ファン投票による『WUG曲NO.7決定戦!』において
『タチアガレ!』に次ぐ2位を獲得し
ファンの人気・評価の高い楽曲となっています。

一番の盛り上がりは
サビの途中『~君の名前を呼ぼう』の一節の後に
推しメンバーの名前をコールするのが恒例になっている。

歌われない公演もあったりはするが
ツアーにおいては
確実にセットリストに組み込まれ盛り上がる楽曲。

ライブ後半での披露が多いイメージで
この楽曲で盛り上がった雰囲気をそのまま維持して
クライマックスへと繋いでいく感じでしょうかね。

 

続いては、この楽曲。


『言の葉青葉』

 

f:id:Akatonbo02:20170423215318j:plain

TV版のエンディング曲になっております。
WUGの楽曲陣の中でも異彩を放つ
スローテンポな合唱曲調で
しっとりと沁みる様に聴かせる系統の楽曲。
そして、『青葉』という単語が作品の舞台となる
『仙台』をイメージさせるのも印象的かと。

消える事の無い過去の傷と向き合い
樹木の持つ生命力の強さの様に
前向きに行く決意を綴る歌詞が印象深く
『タチアガレ!』が『動』の楽曲であるなら
この楽曲は『静』を司る秘めた強さを表現した楽曲。

間奏での金管楽器(ホルン)の奏でる音が
叙情的な雰囲気を醸し出していて
七人がそれぞれ見えない何かを
次々と手渡ししていく振りは
『想い』と『魂』を繋いでいる印象を受け
落ちサビでの吉岡さんのソロパートは
言葉を絞り出す優しげな彼女の歌声が
この楽曲の秘めた強さを引き出し聴き入ってしまう。


ライブでは、ほぼ確実に後半部分で披露される。
感情が昂っているところにこの楽曲が来ると
より沁み込み楽曲の世界感に浸っていく様で心地良く
ライブ映えする楽曲だと思います。


次回は、続・劇場版の楽曲を紹介していきます。