読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

天敵撃破ッ!!!!!!!

 FC東京vs鹿島戦を中継にて観戦。

結果は2-1で勝利。
何と、リーグ戦では2008年シーズン以来の勝利との事。
鹿島との相性は悪いとは思っておったが
8シーズンも勝っておらんかったとは……

試合の感想ですが
早い段階で先制したのが影響したのか
FC東京が主導権を握る展開で
前線から積極的にプレスをかけ
セカンドボールを奪い、縦に仕掛けていく。

で、後半。
鹿島が修正して来て、拮抗した展開になり
押し込まれる場面が多くなるが
ゴール前でしっかりとブロックを作って対応し
更には、鹿島の詰めの精度の問題もありしのいでいる状況。
ただ、そんな流れの中でも
カウンターで幾つかはチャンスは作れている。

そんな嫌な流れを断ち切ったのが
セットプレイからの前田の追加点。
水沼が低くて速いボールを出した事で
混戦状況に持ち込み、意地でねじ込んだ感じの得点。

「~たら~れば」話になるが
あそこで、水沼が高いボールでのパスを選択していたら
おそらくは鹿島のCBに弾き出される確率は高かったと思う。
得点を決めた前田も凄いが
あの場面で、水沼の選択したプレーも素晴らしいものだったと思う。

アディショナルタイムにて、1点返されてしまうが
慌てる事無く集中してきっちりと試合を締めた。

浦和と並び天敵と称されるチームと言う事もあり
難しい展開の試合になるんじゃないかと思っていたら
ほぼFC東京が主導権を握る展開の試合。

その要因となったと思うのは
上述にもありますが、前線からの積極的なプレスや
セカンドボール奪取してからの展開
そして、攻守の切り替えの速さと
何よりも球際でしっかりと闘えた
気持ちの部分が大きい様な気がする。

その前線を支えていたのは前田の存在感かなと。
得点を挙げたのもそうだが前線での献身的なポストプレー
体の使い方やポジショニングなんかは流石の一言。

で、個人的に注目して観ていたのが中島。
得点は無かったが先制点のアシストや
きっちりとボールを収めてからの縦への意識の強さ
試合を経て行く毎に存在感を増して来ている。
彼がゴール前の左サイドでボールを持つと
何かやってくれそうな期待感を抱かせてくれる。

リーグ戦も残り2戦。
鹿島戦での勝利は弾みになるはず。
残りの試合で結果を出し、シーズンを締め括ってもらいたい。