読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

Wake Up, Girls!Character song series2 所感

Wake Up, Girls!Character song series2
OTONAの深~い事情にて、ダウンロード版で購入した。

7曲聴いた感想や前作との違いを
色々と書き綴っていきます。

ちなみに、書いた順番は3rdツアーでの
披露順とさせて頂きました。


It's amazing show time☆/ 岡本未夕(高木さん)

 

f:id:Akatonbo02:20161008165018j:plain

未夕が抱いているライブへの想いを表現した
『WOO YEAH!』の系譜を受け継ぎ昇華させた感じの楽曲。
勢いそのままに突っ走る系の『WOO YEAH!』とはまた違い
未夕の側にいる人や応援してくれる人達への
感謝と想いと彼女の信念を表現しているが
勢いで突き進むのではなく
柔和で可愛い雰囲気もありつつ、想いを伝えたいという
力強さも感じさせる歌唱に仕上げたのが印象的。


走り出したencore/島田真夢(吉岡さん)

 

f:id:Akatonbo02:20161008164525j:plain

『ハジマル』は、真夢の魂が再生されていき
前を向いて進む覚悟を表現している楽曲。
この『走り出したencore』は
未知の領域へと進み自身が変化を遂げていく事への
期待感と前向きな決意をもって駆け出して行く感じを
疾走感を強く押し出した曲調と
激熱要素を抑えた柔和な歌唱にて表現した楽曲。
吉岡さんの歌唱が『ハジマル』とはまた違うので
その変化の落差に少々物足りなさを感じたが
聴いていくうちに、この変化が聴き心地良いものになっていく
所謂スルメ曲的な楽曲。


Into The Light/菊間夏夜(奥野さん)

 

f:id:Akatonbo02:20161008165014j:plain

自身が信じる道、絶対に諦めない強い決意
負けっぱなしじゃ終われない事や
そしてWUGに懸けた夏夜の想いを
疾走感と激しさを感じる曲調で描いた楽曲。
そして、この楽曲の最大の特徴は後半のラップパートでしょう。
奥野さんの艶声による力強い歌唱は
まさに、エロ艶やかで格好良さ満載。
前作の和メタル調である『スキ キライ ナイト』や
今作『Into The Light』の様な激しい曲調は
奥野さんの声質と合う様な感じがします。


ヒカリキラリミルキーウェイ/林田藍里(永野さん)

 

f:id:Akatonbo02:20161008165015j:plain

前作『可笑しの国』の系統を汲む
テクノポップ調の侵食系楽曲で
そして『中毒性』もしっかりと継承されておる。
『可笑しの国』がゆったりとしたテンポだったのに対して
今作ではテンポが速めになっているのが特徴的。
そして歌詞にある『足元をよく見て』や『真っ直ぐ見据えよう』という
フレーズが藍里のひたむきさや芯の強さを描いていて
テンポの速さと相まってか
楽曲全体から力強さを感じさせる様な印象。


snuggery/久海菜々美(山下さん)

 

f:id:Akatonbo02:20161008165013j:plain

『オオカミとピアノ』の魅惑的かつ
脅威的な中毒性とは一線を画す今回のこの楽曲は
飾りっ気を取り払って
シンプルにボーカルを聴かせる系の楽曲。
やや切ないテイストだが、徐々に力強くなっていく曲調は
続・劇場版での菜々美の揺れる心情と
それを乗り越えての決意や覚悟を表現している様に思う。
山下さんの歌声も、張り過ぎず、抑え過ぎず聴いていて心地良いバランス。
だが、特に印象的なのは
『心が叫び出す』のフレーズでのリミッターを外し
溜めていたモノを一斉に放出する様な歌唱だったりする……
それは、魅惑的だけではない
彼女の『直球勝負』を強烈に感じたからなのかもしれない。


青い月のシャングリラ/七瀬佳乃(青山さん)

 

f:id:Akatonbo02:20161008165017j:plain

初めて聴いてみての
印象が最も良かったのがこの楽曲。
イメージ的に、佳乃が満月の古城(西洋の城)or砂漠に
凜とした佇まいで満月を見据えている姿が浮かんで来た。

*個人の感想です。

開放的な歌唱の『ステラ・ドライブ』とは趣きが異なり
物寂しげで儚さを感じさせる曲調と
青山さんのやや抑え気味のボーカルが見事に合致し
その抑圧された中から迸って来る『熱』は
翻弄され、あがきながらも
挑む事を止めなかった佳乃の軌跡を感じさせてくれる。
そして、ラストでの高音で突き抜ける様な歌唱は
青山さんの本領発揮といったところだと思う。
おそらく、ライブでのここのパートは限界突破した
絶唱の域までに進化するのでしょう。


それいけオトメ/片山実波(田中さん)

 

f:id:Akatonbo02:20161008165016j:plain

勢いで強引に押していく系統の前作
『歌と魚とハダシとわたし』の進化形で
実波らしく元気溌剌で小細工無しの『ド直球』な楽曲。
今回のキャラソンの中では最もライブ映えする楽曲であり
最も危険な楽曲に仕上がりライブで聴いた場合

確実に理性はぶっ飛びますww

*初披露の東京公演は本当にヤバかったなぁwwww

互いに支えあいながら前へと突き進む事を
表現している様な印象の
応援ソング的なテイストで爽快かつ軽快な曲調の楽曲。
で、歌詞を追って聴いていくと
実波の菜々美に対しての想いを表現している様な印象を受ける。

キミなら絶対に大丈夫、もし信じられなくても私が信じてる

ここのフレーズは
続・劇場版後編にて菜々美に御守りを渡し
『いいんだよ、頑張れ』と言って
菜々美の夢の成就を願い快く送り出した
実波の想いがフィードバックして来るかの様である……


 最後に

楽曲によっては、多少の変化球的要素はあるものの
全体的に奇を衒わず各キャラの心情に踏み込み
成長や強さを表現した様に思えた。
で、記事に添付した画像は
今回のキャラソンのジャケットでございます。
(ちょっと弄ってありますがwww)
個人的には、シンプルで結構好きなデザインです。

先述しましたが、今回の楽曲陣は
キャラの心情に踏み込んだものになっていると思うので
WUG本編を観て聴くと
より楽曲の雰囲気や深みが感じられるのかと思います。