読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

ここからハジマル2ndステージ

FC東京×甲府戦をTV観戦。

 

いや~観ててヒヤヒヤしっ放し。

とにかく、勝てて良かった。

 

2ndステージ開幕戦を

情けない展開で落としたFC東京……

どの試合もそうだが

この試合は絶対に落すワケにはいかない一戦だった。

 

まず、怪我で離脱していた室屋がJ1デビュー。

FC東京の1stステージの最大の誤算は

彼の長期離脱だったと思う。

 

で、室屋のパフォーマンスですが

試合開始から、積極的に攻撃に参加して

室屋が絡む事で、河野・バーンズ・ムリキが

前がかりで流動的に動けている感じがした。

おそらく、城福さんが今季やろうとしていた攻撃の形は

流動的かつ縦への推進力を押し出すモノなのかなと。

あと、デビュー戦だからなのか

気迫のこもったプレーが随所に見られた。

今の良くないチーム状況を見てると

闘志をむき出しにして闘える選手は必要なのかなと。

 

最近問題になってる守備は

この試合は0点で抑える事が出来たが

終了間際はかなり押し込まれる場面が見られた。

でも、この事態を招いてしまうのは

中盤での不用意なボールロストや中途半端なプレーから。

疲労から来る所もあるのでしょうが

この辺のミスが減っていけばもっと楽に闘えるとは思う。

 

攻撃面は、欲を言えばもう2点ほど取れた様な感じがしたが

ただ……ムリキが外したヘッド。あれは決めて欲しかった。

やはりFWの1番の評価ポイントはゴールを決める事。

この試合の様な接戦になると

追加点を先に取って主導権を握る事が勝ちに直結してくる。

決める時にきっちりと決めるチームってのは

こういう決め所を逃さないのを強く感じた。

 

 

今、1番大事なのは目先の試合に勝ち

勝ち点を積み上げていく事。

内容なんて今どうでも良い。

結果を出し続けていけば

自信も出てきて、内容も伴って来るでしょう。