読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

激熱展開♪

個人的な好みですが

最終予選は、H&A形式の総当り戦よりも

セントラル形式の方が激熱感を感じる私です。

五輪アジア最終予選の話です。

グループリーグを理想的な形で突破し

舞台はいよいよ決勝トーナメントへ。

準々決勝の相手は、難敵・イラン。

予想はしていたが、息の詰まるような感じの戦い。

序盤からゴリゴリと詰め寄ってくる

イラン寄りのペースで進行し

あわや失点なんて場面が結構あったが

GK櫛引のセーブやポストに救われた。

攻撃の方だが、こちらもフィジカルでゴリ押ししてくる

DF陣に苦闘している感じで攻撃の形が作れず。

延長、もしくはPKまでもつれるんじゃないかと観ていたが

延長前半、試合は動いた。

右サイドの室屋からのクロスを

途中出場の豊川がヘッドで押し込み先制。

そして・・・FC東京サポの私にとって待望の瞬間が訪れる。

延長後半、中島の二連続ミドル弾が炸裂!!

いや~実に爽快なゴールでしたねぇ。

そして試合後の彼のコメントも激熱でねぇ・・・

彼は、クラブでの出場機会は決して多くは無い。

にも関わらず、手倉森監督は彼を召集し起用してきた。

指揮官の寄せる信頼に応えたいという

中島の『魂の一撃』だったと勝手に思ってます。

難敵に快勝しましたが、大事なのは次の準決勝。

これにきっちりと勝って出場権をもぎ取って貰いたい。