読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

Wake Up, Girls!Festa. 2015 Beyond the Bottom Extend  参戦レポ【追記】

未分類 WUG記

12月12日に開催された

WUG Fes 2015の追記です。

 

 イベントの内容については

前回・前々回に書き記したので

総合的な感想や、色々感じた事を書き綴っていく。

 

まず、終演して感じたのが

充実感や満足感よりも

物足りない・・・という感情の方が勝ってしまっていた。

 

 演者のパフォーマンスに対してなのか?

 ・・・それは無い。

演者さん達は、今持っている最大限のポテンシャルを魅せてくれた。

それに対しては感謝と敬意の念しかない・・・

 

 じゃあ、何に対して物足りなさを感じたのか?

 

ハッキリ言ってしまうと

演出・運営が演者の足を引っ張ってしまった事だと思う。

では、その要因を幾つか挙げていく。

 

 ・I-1本隊

 

まさかの曲披露無しという扱い・・・

アイドルの祭典を再現するのであれば

WUG×ネクストストーム×I-1本隊の『戦い』は必要不可欠のはず。

 

山本さん、上田さん共に、強烈な『個』を持つ演者さんです。

このお二方が、『新生I-1』のステージをどう魅せてくれるのか?

正直、楽しみにしてたし期待してました。

 しかし、萌歌役の山本さんと里佳役の上田さんの2人には

 ステージで『戦う』機会すら与えられなかった。

 新曲があるにも関わらず

この扱いに関して、ありえないし解せない。

 

  

・奪われた『個』と『if』の演出

 

今回、WUGのキャラソンの披露が無かった。

尺的にはメドレー形式になるでしょうが

 各メンバーの『個』の力を存分に感じさせてくれる

 重要な演目なんじゃないのかなと思う。

 

『if』の演出ですが

WUGフェス2014では、I-1初期メンバーによる

『リトル・チャレンジャー』の再現があった。

しかし、今回はそういう演出は無かった。

 こういう『if』の演出が無かったのも、物足りなさを感じた要因。

 ライブやイベントの醍醐味ってこういう『if』の演出がある事じゃないかな?

 

・時間

 ハッキリ言ってしまうと、2時間弱というのは短いと思う。

 チケットの価格と照らし合わせると

3時間程はやって貰いたい所。

時間の余裕があれば、曲数も増やせるでしょうに

これは、運営側と会場の交渉次第なんでしょうねぇ。

 

 

・最後に・・・

 今回、総合的に昨年の演出をなぞっただけにしか思えない。

個人的な意見だが、今回の演出に関しては

ライブフェスの様に楽曲重視の演出で

『勝負』すべきだったと思う。

 2ndツアー、続・劇場版にて増えた楽曲・ユニット

『戦える武器』『武器を振るう人材』は揃った。

 が、運営側は『戦う事』を避けてしまい

運営側の『守勢』というエゴで

彼女達とコンテンツが築いて来たものを壊しかけたと思う。

 

共に戦い・支えていく立場の運営側が

足を引っ張り『可能性』を狭めちゃ駄目でしょう・・・

 

 でも、やってみないと分からない事が

存在するのも事実であり

今回の件にて下された評価に対しては、

 冷静に受け止め、経験を糧にし前に進んでいくしかないのでしょう。

 

 全てが上手く進んでいく事なんてありえないし

成功と失敗を繰り返しながら

コンテンツは進化していくものなんじゃないでしょうかね。