読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

Wake Up, Girls!Festa 2015 Beyond the Bottom Extend 参戦レポ【後篇】

未分類 WUG記

Wake Up, Girls!Festa 2015 Beyond the Bottom Extend

参戦レポの後篇です。

 

イベントは、再びライブパートへと突入。

再開後の1曲目は・・・

 

 『7 Girls War』

 

正直なところ、ホームラン対決にて

場内の雰囲気は微妙~な感じになりかけてたと思いますww

でも、この楽曲の持つ『力』は尋常じゃなく

イントロがかかった瞬間から、場内の雰囲気を一変させる程

強烈なモノだと改めて思い知らされた。

  

『素顔でKISS ME』

劇場版・前篇では、この楽曲の扱いは散々なモノでしたが

実際のところ、この楽曲の評価は高く

それを証明するかの様に

会場の盛り上がり方もハンパじゃなかったですね。

 

 

『レザレクション』(ネクストストーム)

 

コンテンツ全体を見ても、珍しい部門に分類される

ハードロック・ヘビメタ系の楽曲。

そして、WUG・I-1の楽曲に全く引けを取らない素晴らしい楽曲。

 

視聴した時から、ライブ映えするだろうと確信してましたが

 実際に現場で聴くと、想像以上のモノでした。

 

 『真夢の幻影』を乗り越えた志保。

 志保の背中を追い、彼女の魂を呼び覚ました綾、能亜、日向子

そして彼女達の『想い』と『魂』をステージにて表現した

 大坪さん、安済さん、高野さん、甘束さん。

 

 WUGやI-1だけじゃない、私達もここにいる

 

・・・と、双方のユニット及び観客に突きつけた

 彼女達からの『宣戦布告』をイメージさせてくれるステージだと思いました。

 

 

 

Beyond the Bottom

 

逆境・困難から、前を向き突き進む事を表現した

『タチアガレ!』 『少女交響曲』と

『秘めた熱』を表現している『言の葉青葉』

 この3曲のエッセンスを凝縮・昇華させた壮大な楽曲。

 単純に考えて、この楽曲の持つ『力』は相当なモノだと思います。

 

でも、WUGの七人の持つ『力』はそれ以上のモノで

 『Beyond the Bottom』に全く負けてない。

 もう・・・ただ感服し溜息しか出なかったです。

 

-最後の挨拶-

 

正確な順番は忘れてしまいましたが

最後に挨拶したのは吉岡さんだったと思います。

挨拶の前から涙を堪えている吉岡さん。

彼女の放った言葉は、心に突き刺さるものでした。

 

 『まだWake Up, Girls!を終わりたくない!

 

おそらく、言おうとして用意していた言葉じゃないと思います。

 永野さん、田中さん、青山さん、山下さん、奥野さん、高木さん

このイベントに出演された演者さん達

『Wake Up, Girls!』というコンテンツに関わった方達

この日幕張に参戦した方々、参戦出来なかった方々・・・

全ての人達の『共有意識』『想い』が

吉岡さんの意識に入り込み

衝動的かつ本能的に自然と出た『魂の叫び』ではないかと思います。

 

 

 

-アンコール-

 

『ワグ・ズーズー』

最後の挨拶を聞いてから・・・なのか

明るく・元気にという意識のもと

場内の雰囲気が統一された印象ですかね。

この楽曲は、観客も踊り皆で楽しむ楽曲。

モニターには、振りをレクチャーするメンバーが映し出される。

 

が、ちょいちょい荒ぶる動きを見せてるメンバーの姿が・・・

おそらくは、青山さんか田中さんのどちらかだと思うwww

 

『タチアガレ!』

 この楽曲に出会わなかったら『Wake Up,Girls!』を知る事も無く

夏の舞浜と冬の幕張に参戦していなかった。

 彼女達の『初めての楽曲』であり共に駆け抜けた

『戦友』の様なものなんじゃないかなと思う。

 

モニターに映し出されているのは

彼女達の辿って来た軌跡(過去のライブ映像)

そして、先述にあった吉岡さんの最後の挨拶からのこの楽曲・・・

あれらを見せられて、燃え滾らない人はおそらくいないでしょう。

何度聴いても『魂を鷲掴み』される感覚

この楽曲の放つ『力』を強烈に感じましたね。

  

-終演後-

 

モニターに映し出されたのは

白木さんからの衝撃発表と

新プロジェクト始動の映像が流れました。

  

この新プロジェクトの詳細は不明だが

コンテンツの継続が判明したというのは嬉しい限り。

 

Wake Up,Girls!』はまだ終わらない。

彼女達の秘められた可能性や観たい景色はまだある。

 今後の続報に期待しております。

 

 

追記では、今回の参戦での総合的な部分や感じた事を

書き綴っていこうと思います。