読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

WUG人物所感(6) WUGのOTONA達(その2)

Wake Up,Girls!人物所感6回目。

この作品には、色々なOTONAが登場する。

今回取り上げるのは、とりわけ強烈な人達です。

 

まずは、早坂さん。

取りあえずの印象は・・・

仕事の成果、その結果で得られる名声よりも

その過程において自身が感じる刺激を求める人で

洞察力の鋭い人という印象。

 

早坂さんにとって

I-1のプロデュースは単なる『作業』と化してしまった。

これは仕事の過程で得られる刺激を重視する彼にとっては

面白味に欠け、苦痛であると思う。

そんな時に、未完成で雑多な『個』の集団である

Wake Up,Girls!』の存在を見つけ

更に、そのメンバーには、白木さんが未だに執心している

(・・・と思う)

 I-1初代センターの真夢がいる。

完璧に統制された集団を見ていたからなのか

自身曰く『ごっつごつのおイモちゃん』であるWUGは

新鮮で刺激的な存在だったのではないのかなと。

  

さて、早坂さんと言えばこの事について

触れておく必要が個人的にあると思います。

それは『極上スマイル』と『7 Girls War』についてです。

『極上スマイル』はアイドルの祭典前に早坂さんが作りWUGに与えた楽曲。

なのですが・・・アイドルの祭典の予選後

I-1の新曲としてリリースされる事になってしまった。

 

作中にて早坂さん曰く『面白い曲が出来たからI-1にあげた』

と言っていたが、私個人の所感は違うと思っており

以下の仮説を立ててしまったww

(あくまでも作中での楽曲の扱いについてです)

 

元々『極上スマイル』は

WUGの為に作られたモノではなく

I-1の新曲として作られたモノであり

そして、『7 Girls War』を歌いこなす為の

試験的な楽曲で、実は並行して作っていたんじゃないかと。

 

『7 Girls War』は

言うなれば『決戦仕様用』的な感じの曲www

そして、Wake Up,Girls!

真夢ありきのユニットではない事を世間に証明する為。

センターに、真夢ではなく佳乃を指名したのは

そういう意図があったのではないのでしょうか?

 

  

続いて・・・白木さん。

揺らぐ事の無い確固たる信念と冷酷なまでの厳しさ。

徹底的に管理・統制し、その枠から外れる者には

才能、実績があろうと一切の容赦無く排除する。

 

静かに淡々とした口調だが

その静けさが逆に凄みや畏怖を感じさせる。

 

昔からこういう人だったのか?

答えは、おそらくは『NO』であると思います。

本来の性格は、情熱的で優しい人なんじゃないかと。

 

おそらく、白木さんは過去に何らかの失敗をしていると思う。

その事は、当時持っていた

信念やアイデンティティを覆す程の衝撃。

 

真夢も言っていたが

I-1の規模が大きくなるにつれ

規則が厳しくなったと言っていた事から

過去の失敗の内容は『アイドルの自主性の制限』にあると思う。

 

細かい事は窺い知る事は出来ないので想像の域ですが

当時、白木さんが思い入れていた人物が、スキャンダルで潰れてしまった。

アイドルの自主性を尊重して起こってしまった事件で

白木さんは『~たら、~れば』を問答し自身を責め続けた・・・

で、その結果に辿り着いた答えが

『徹底的に管理』し『障害は速やかに排除』する事ではないのかと。

 

 

Wake Up,Girls!人物所感も次回で最終回。

何とか、続・劇場版公開までに書き終わりそうであります。