読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

Wake Up, Girls!2nd Live Tour 千葉公演参戦レポ(1)

未分類 WUG記

Wake Up, Girls! 2ndライブツアー

千葉公演(昼公演)に参戦して来ましたッ!!!

 

私はライブに行く際に『参戦』という表現を用いる。

演者さんの方はどう思っているかは私の知る由でないのですが

 

私は、演者と観客との一切の誤魔化しが利かない

ノーガードでの殴り合い的な『戦い』の場であると思っています。

 

舞浜に着いたのは、開場30分程前。

日陰に入ると幾分涼しいので、開場まで体力を温存。

 で・・・開場し、いよいよ入場。

座席に到着し、ステージを見た私の第一声は

 

『うおっ!!意外と見やすいッ!!』

(注 西武ドーム外野席から比べた場合の話www)

かなり後ろのブロックでしたが、本当に見やすかったです。

 

 んで、『戦い』の模様を書き綴っていきます。

 

 1 『7 Girls War』

 スタートに相応しい選曲だったと思います。

イントロ流れた瞬間、客席も一気に盛り上がりを見せていく。

もう、コールが楽しいww

メンバーも、この曲で踏んできた場数の多さからか、

パフォーマンスも堂々としているのが印象的。

 

 

2 『極上スマイル』

 

コレは、WUGからの宣戦布告であると私は思いましたwww

 『本気魅せるけどついて来れる?』的な

 

そんな事言われた日にゃ・・・あんた

 燃えないワケにはいかないぢゃねぇのww

 『7 Girls War』から畳みかけるように来ちゃったもんだから

もう・・・滾っちゃってwww

 

 

3 『素顔でKiss me』

 

新曲(その1)

今までのWUG曲とは、一線を画した『格好良い』系統のダンサブルな楽曲で

I-1の『ジェラ』と対になるような感じの曲調。

 

コレ、あれだ・・・

 

『WUG版ネオサイクロン』だwww

 (判らん方は、ネオサイクロンでググって見て下さい)

 

 

4 『地下鉄ラビリンス』

 

新曲(その2)

ダンスの振りは、永野さんが考案したとの事。

曲の方は初聴でしたので、聴き取る事を意識したんですが

 

私の席の位置が、スピーカーに近かったからなのか

音がデカ過ぎていまいち聴き取れなかったのね・・・

曲調は、コミカルさと可愛らしさが合わさった楽しい曲なのかな?

 

 

5 『セブンティーン・クライシス』

 

新曲(その3)

今回のツアーでの注目ポイントである、グループ内ユニットでの楽曲。

高木さんがセンターで、吉岡さん、永野さん、奥野さん、山下さんの5人編成。

 

何だ、このエグいメンバー編成はwww

 ・ダンス部門の2トップ(みゅー・あいちゃん)

 ・WUGのセンター(まゆしぃ)

 ・魅惑の艶ボイス(かやたん)

 ・魅惑の射手(ななみん)

 

完全に我々を仕留めに来てますww

 

こちらも、良くは聴き取れなかったがwwアップテンポなダンサブル曲。

何気に、WUGのダンス部門の2トップ(高木さんと永野さん)が

配置されておるのもポイント。

 

技術で魅せる永野さんに対して

高木さんの『武器』は、身体能力の高さと躍動感。

この曲は、高木さんの『武器』を遺憾なく発揮出来る楽曲だと思うし

今後の経験を経て、『大化け』しそうな可能性を感じる楽曲。

  

6 『プラチナサンライズ

 

新曲(その4)

ユニット曲で、田中さんと青山さんのデュオ。

こちらの掲げる期待値のハードルを嘲笑いながら軽々と越える

圧倒的な『個』の力を持つ二人。

 

もう、この2人の組み合わせは期待しかないが

こちらを仕留めに来た『セブンティーン・クライシス』の衝撃

アレを超えるパフォーマンスを魅せなくてはならない。

 高木さん、永野さん、奥野さん、吉岡さん、山下さんから

 2人に突き付けられた挑戦状。

 

演者vs観客の『戦い』だけではなく、演者同士にも『戦い』がある。

青山さんと田中さんに圧し掛かるプレッシャーはもの凄いモノでしょう。

で、2人はおそらくお互いにこう感じてたと思う。

  

『私は突っ走る。付いて来れないなら置いていくから』

 

共存や同調なんてモノは要らない。

限界まで踏み込む『決意』と『覚悟』はあるか?

しかし、自身を鼓舞するが、怖くないわけが無い。

自身の限界に踏み込めない時、オーバーブローしてしまったらアウト。

が、彼女達に退路は無い。いや退く気なんてさらさら無い。

 

お互いに踏み込んでくれる事、自身が踏み込める事を信じる事。

2人の意思は同調したと思います。

『行く着くトコまで行くっきゃない』と。

 楽曲の方は、ボーカルでぶち抜く感じの『聴かせる』系の曲。

ぶつかり合う事で限界突破した、青山さんの高音ロングトーン

アレは本当に凄く、鳥肌が立ち

自然と『うわ・・・すっげぇ・・・・・・』と感嘆の言葉が出た。

 

そして、田中美海という表現者の懐の深さと底無し感。

期待以上のパフォーマンスを魅せてもらえた。

 

 

ライブは、まだまだ続くのですが

レポの方は、ここで一旦区切らせて頂きます。

 (ここから先は、書くのに相当消費するのでwww)