読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

WUG キャラソンシリーズ まとめて感想

Wake Up, Girls!』キャラソンシリーズ

7人分の感想を、ざっくりと書き綴っていきます。

 

 

・ハジマル(真夢/吉岡さん)

 

詞が表現してるのは、過去に負った傷と向き合い

しっかり受け入れて前に進む覚悟を決めて歩き出していく

真夢の心情の再生過程なのかなと。

 あと『人間らしく』と言うフレーズも印象的。

前向きな疾走感のメロディが詞とマッチして良いですね。

 

 

・WOO YEAH!(未夕/高木さん)

 

先日のソロイベントで初めて聴いたのは内緒ww

ライブ向けの曲ですよね。コール入れやすそうだし。

未夕は、表情や感情がコロコロ変化して見ていて面白いキャラ。

楽曲自体が、未夕というキャラを象徴してる感じがする。

 

・歌と魚とハダシとわたし(実波/田中さん)

 

曲始めにて

 『うーん、お刺身もいいけど、かまぼこも!ワン・ツー・スリー・フォー!』

 と・・・ぶっ込んで来ますがそれが良いんですww

 

 WUGの太陽と称される実波を象徴する底抜けに楽しく

そして、田中さんの『器用さ』も存分に感じさせてくれる楽曲。

 

 

・可笑しの国(藍里/永野さん)

 

テクノポップ調のゆったりしたメロディと

永野さんの声質が見事に調和されて

もの凄く癒される。

 

……と言うよりは、脳ミソが蕩ける危険な曲www

初聴で『ガツン!!』と来る様な曲では無いけれども

ジワジワと侵食して好きになる系統の曲。

  

・オオカミとピアノ(菜々美/山下さん)

 

ミュージカル的要素の変化球的アイドルソング。

他のキャラの曲とは異彩を放ち

菜々美というキャラの、マイペースで我の強い部分を表してるかなと。

 

この曲を聴いて強烈に印象付けるのは

 『シャンシャンシャンシャン』と言うフレーズ。

もう、耳から離れず、脳内でこの部分がヘビーリピートしてますww

 

音源のみで聴いてもインパクトが強いのですが

ステージで歌う映像のインパクト(=破壊力)は体感したい。

  

・スキ キライ ナイト(夏夜/奥野さん)

 

曲調は、和テイストのハードロック。

WUGの楽曲全体見ても

このバリバリのロックサウンドは珍しい気がします。

 

『きらいだけど私は逃げない』というフレーズ

 『頑張りたくても頑張れない人の為に何かを頑張る』本編の夏夜の台詞。

 この2つの言葉がリンクしているのが、個人的には印象深い。

 

 

・ステラ・ドライブ(佳乃/青山さん)

 

疾走感のある爽やかなメロディと

そして、青山さんの透き通る感じのボーカルがいい感じに合い

星の海をドライブを思わせる内容。

この曲もスルメ曲で、聴く度に好きになっている。

 

 

どの曲も、メンバーの声質の特徴に合わせ

ライブ映えを考慮して作られてると感じた。

 

…実際、購入したのはソロイベントの配信を観てからなんですがwww

 

取りあえず『Wake Up, Girls!』関連楽曲の感想は終了。

 

お次は、水樹さんの楽曲

『エデン』と『Angel Blossom』の感想を書き綴る予定。