読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

勝ちたかった一戦・・・・・・

昨日の話ですが・・・

久しぶりにFC東京の試合を観戦(テレビ中継ですがww)

相手は、勝ち点1差で上位にいるヴィッセル

上位に食い込むには負けられない一戦。

さて、試合の方ですが・・・

序盤からヴィッセルに主導権を握られて後手に回る苦しい展開。

相手の動きも良かったですが、それ以上に東京のメンバーの動きが重たいかなと言う印象。

解説でも話に出てましたが、この時期は夏の疲れがどっと出てくる時期との事。

前半は0-0で凌いだ(・・・というべきかな?)

そして、後半。

前半に比べ動きが俄然よくなりチャンスを作れるようになり

PKを獲得し、コレを決めて先制。

が・・・すぐにCKから失点・・・

攻撃に転じるも、単調な展開で攻めあぐねる締まらんパターンになり

そのまま1-1で試合終了。

率直な感想ですが、チーム状態が良くない中負けなかったのは良かったとは思う。

ただ、中途半端なパスが多すぎで、パスカットされ起点を作られていた。

(後半はその部分を修正してきたけど。)

それと、シュートが少なすぎ。

コレ、何度も書いてるけどもグダグダな時程この傾向になっている。

前に書いたけど、上位にいるチームはこちらのミスを見逃さずに突いてくる。

特に、得点後の失点は絶対にやらかしては駄目な部分。

負けなかった事を良しとすべきか?勝てた試合を引き分けてしまったと捉えるか?

私は、この試合は勝たなきゃいけない試合だったと思っている。

厳しいチーム状況ではあるが、ここを踏ん張れるかどうかで変わると思う。

踏ん張ってどうにか喰らい付いて闘って欲しい。