読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

ベスト4出揃う。

W杯も遂に準決勝へ。

勝ち残ったのは、ブラジル ドイツ アルゼンチン オランダ。

グループリーグでは、色々と波乱が巻き起こりましたが

残ったチームを見ると順当なところなのかなと。

ダークホースと言われたコスタリカ

準々決勝戦のオランダ戦でも

自信を持って戦い、素晴らしい試合を観せてもらった。

準決勝戦のマッチアップは

ブラジル×ドイツ、オランダ×アルゼンチンという

欧州勢VS南米勢の対決に。

しかし・・・南米勢に雲行きが怪しくなっている。

ブラジルは、ネイマールが背中に膝をおみまいされ

脊椎を骨折し今大会の出場は絶望。

ディフェンスの要でキャプテンのチアゴ・シウバも累積警告で出れない。

かなりの窮地に追い込まれたが

逆に、この状況でチームが団結しそうな感じはする。

アルゼンチンは、ディマリアが怪我して駄目らしいとの事・・・

攻守に渡っての要なので、欠場は痛いですなぁ・・・

ただ、ドイツやオランダが絶対有利という事でもない。

ドイツは、エジルゲッツェがいまいち調子が上がらない感じが見える。

オランダは、コスタリカ戦でPKまでもつれてるから疲労の影響がある。

ここまで来ると、どこが勝ち上がってもおかしくない。

純粋に、この2試合を楽しんで観たいと思います。