読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

早雲の軍配者

久~しぶりに、歴史小説を購入。

購入したのは『早雲の軍配者』という作品。

軍配者というのは

兵法・占術・陰陽道・医術・観天望気・軍陣の作法など

戦国大名のブレーンと言うべき存在との事。

早雲の国盗りの過程を描いていくのかなと想像していたが

早雲に見出された主人公の小太郎が

次代の北条家の軍配者になっていく過程を描いている。

言うなれば、『早雲の(志を受け継ぐ)軍配者』という事でしょうかねぇ。

北条家・小太郎というキーワードと来れば

条件反射的に、風魔忍者の小太郎をイメージするのですが

この作品では学問の得意な普通の少年という設定が新鮮で面白いなぁと。

文章も読み易くリズム良く進められるので、あっという間に読み終えました。

面白かったのですが、ちょっと惜しい点は

小太郎の軍配者としての活躍場面が少なかった事かな。

信玄の軍配者、謙信の軍配者と話が繋がっていくらしいので

こちらも読みたいところ。