読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

三国志12に触れてみて

年明け早々・・・風邪をひいてしまいました。

なので、三が日は自宅にて養生しておりました。

寝込むほどの症状ではなかったのは幸いかなと。

んで・・・養生しておる間

昨年末に購入して眠らせておいた『三国志12』(PS3版)を開始。

じっくりと進めようと思っておったのだが・・・

この手のゲームは、止め時が難しい。

ずるずるとプレイしていたら・・・あっという間にクリアしてしまったwww

と、言う訳で・・・触ってみての感想をざっくりと書き綴ってみます。

まず、『秘策』システムは完全に失敗だったのではないかなと。

特に『縮地の策』(武将の移動と輸送が1ターンで済む。)

いくらゲームとは言え、コレはやり過ぎぢゃないか?

と、言いつつも・・・しっかり使っていたがwww

そして、戦闘パート。

システムは、信長の野望 天下創世に似ているところがあり

取っ付き易かったのだが・・・

戦闘時の戦法の種類が似たり寄ったりだった。

(ダメージを与えるものや部隊強化ばかり)

同士討ちや寝返り、部隊の行動を制限させるモノが欲しい。

あと、一騎打ちの回避不能は勘弁して欲しい。

クリア後の追加特典で戦国武将が出て来るモノが開放されたので

2周目はコレでプレイしてみようかね。