巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

山積みの課題

先週末も、そこそこにやり込む事が出来た。

ただ、内容の方は散々たるものだった。

主な原因をいろいろ考えてみたところ

前回記事に書いた反省点が全然活かされていない。

まず、しっかり見る事ついて

見過ぎて固まってしまう事を問題点に挙げた。

しかし、動こうとする事に意識が行き過ぎて

今度は見る事がおざなりになっていた。

動きながら、しっかり見る。これを徹底していく事が急務。

先の展開への準備については

上記の『しっかり見る』がまるで出来ていないので

話しにならないという感じ。

詰めの甘さも随所に出ていた。

特に印象に残ったのが、レイフェイ戦の最終セット。

追い込んだもののあっさりと逆転されて負けたという内容。

その時頭をよぎったのは、『盛り返されそうだな・・・』という考えだった。

まず、こういう考え方をしてしまう事自体が駄目。

慎重になりすぎて、守勢に回ってしまった。

私の現状のディフェンス力では

守ってチャンスを伺うといった方法は難しい。

こういった時こそ、攻勢に出た方が良いのかも知れない。