巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

クラブワールドカップ2011

クラブワールドカップバルセロナ×サントス戦を観戦。

結果は、4-0でバルセロナが勝ちました。

ここまで一方的な展開になってしまうとは・・・・・・

バルサ無双ぢゃないのwww

CL決勝の時も凄かったですが、今回はそれ以上に感じました。

パスの緩急のつけ方、ボール奪われてからの素早いチェック

圧倒的な個の存在と組織の融合、最終ラインでの強さ・・・etc

あと、先制点をアシストしたシャビのトラップは凄すぎますね。

レイソルは残念でしたね。

PK戦まで行ってしまうと、運の要素が絡んでしまうので

どうこう言えないですね。

試合の方は観れませんでしたが、結構チャンスを作っていたらしい。

しかし、決め切れなかった。

ここの所は今後の課題として

レイソルだけじゃなく日本サッカー全体での課題の様な気がします。

それは、この大会を通じて戦った選手がそれを強く感じているだろうし

観ていた人達も同じく感じたと思う。

来年も日本開催でJリーグの優勝チームが開催国枠で出場出来ますが

願わくば、ACL優勝してアジア王者として出場して欲しいですねぇ。