巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

怒りの鉄槌 三国志編

 三国志11の進展具合をざっくりと。

まず、選択シナリオは「黄巾の乱」を選択。

君主選択は新君主です。

で、根城は南側ががら空きなので益州成都を選択してプレイ開始。

最初は、内政と人材スカウトに奔走してたら……

何と、黄忠さんを引きずり込む事に成功!

そして、領土拡大に乗り出す。

ルートは二通り。

成都から東に進み、荊州に進むルートと

成都から北に進み、漢中、長安に進む北伐ルート。

……そりゃ、北伐ルートしかないでしょ。

そんな感じで北伐開始。

が、漢中まではあっさり進軍出来てしまいました。

(……敵が勢力を広げていないからなのですが)

さて、ココからが問題。

漢中に到着した早々

董卓軍と可進軍からの手厚い大歓迎を受ける。

どうにかやり過ごし、まずは怒りの鉄槌を董卓に向ける。

天水、武威、安定に進軍している隙に

可進軍が手薄になっている漢中に再び侵攻。

おいおいおい、ちょっと待てッ!……そういう事するか?

あぁ……俺の堪忍袋の緒が切れたよ(笑)

取りあえず、董卓をしばき倒す事に成功し

いよいよ可進との決戦でございます。