巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

クラブワールドカップ決勝

 今朝、録画しておいたクラブワールドカップ決勝を観戦。

今回も、欧州VS南米の構図ですねぇ。

試合は、前半にエストゥディアンテスが先制。

バルセロナは、いつもの様な中盤でのボール回しがほとんど出来てない。

というか、エストゥディアンテスがさせないという感じでしょうか。

後半になると、バルサの猛攻。もう…なりふり構わずといった様相。

しかし、エストゥディアンテスはそれを凌ぐ。

このままエストゥディアンテスが逃げ切るかと思いましたが……

バルサ、執念の同点ゴール!!

そして延長戦。

攻め続けるバルサ、守り続けるエストゥディアンテスの構図は変わらず。

途中、ベロンの脚がつる。

どの選手も満身創痍のギリギリの戦い。

延長後半、試合が動く。

右サイドからのクロスをメッシが胸で押し込んでのゴール!

終了間際、エストゥディアンテスフリーキックでチャンス到来。

蹴るのはベロン。最後の力を振り絞った感じの見事なキック。

が……ボールは無情にもピッチの外へ……

そして、試合終了。

いや?凄い試合でしたねぇ。

個人的にはエストゥディアンテスを応援していたので残念ですが……

濃い試合を観れて大満足でした。