巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

包囲網と技術開発

 信長の野望 革新ですが

本願寺包囲網が組まれてしまい大ピンチの坊さん達。

所領の大半が、近畿地方ですので

四方八方から敵が同時に攻め込んで来て、

どこで合戦しているのか忘れてしまいます(笑)

最も厄介なのは、武田家&上杉家。

5万?10万の軍勢で一度に襲い掛かってくるのであります……

本気で明日の朝日が拝めるかどうか気が気でなかったのですが

どうにか生き延びる事ができ、取りあえず一安心。

鉄砲の技術だけでは厳しくなって来た今日この頃

まず鉄砲の技術を全て習得した後、兵器と水軍の技術開発に着手。

で、人材も増えてきたので委任軍団を編成。

取りあえず、中国地方を攻める様に指示。

すると、この委任軍団がイナゴの様に進軍していき

気が付くと、安芸の辺りまで領土を拡大しておりました。

恐るべし、委任軍団(笑)

そして、技術開発の方も着々と進み

大筒製造と鉄甲船製造が出来る様になりました。

寺社勢力とは名ばかりの

武装テロ組織に変貌しつつある本願寺家でした。(笑)