巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

稀代の謀将VS甲斐の虎

 性懲りも無く、信長の野望 天下創世ネタです。

京で遊び呆けるのにも飽きてきた毛利幕府の愉快な面々。

京の都を鉄砲鍛冶町と牧場だらけにし鉄砲、軍馬の生産地に改造(笑)

そろそろ東に進軍しようと思い

斉藤家に決戦を挑み、あっさり勝利致しました。

美濃、飛騨、越中能登、加賀、尾張をゲット。

武田と北条の支配区域にノコノコとやって来たので

攻め込んで来るか……と思っていたら

毛利家、徹底的に放置されています(笑)

構って欲しいので(笑)信玄さんの居城

春日山城に攻め込んでみる。

すると、武田家の軍勢&北条家の援軍が

ウェルカム東国!と言わんばかりの熱烈歓迎ぶり(笑)

何とか野戦を制し、攻城戦へ。

が、このゲーム籠城している守備側の方が有利。

というのは、士気が高い状態で出て来るので

戦法、混乱、挑発をいきなり使ってきます。

更に、武田家はほとんどの武将が

騎馬隊の戦法、「突撃」を習得済み。

ノコノコと門を壊しに行こうものなら「突撃」で瞬殺されます。

ちなみにこの戦いで出陣した、立花道雪さん。

信玄さんの「突撃」であっさりやられました。

言わずもがな、この戦は毛利家の敗北。

が、この敗戦が元就さんに火をつけました。

次のターンに元就さん自ら出陣!!

といっても、本陣で大人しくしていましたが(笑)

鉄砲隊と騎馬鉄砲隊を多めに配備したのが良かったのか

この戦は毛利家の勝利でした。

春日山城を攻略するのに疲れた。

まだまだ武田の領地は多いし、武将も強いし……

手を焼きそうですな。