巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

ワンサイド・ゲーム

 欧州チャンピオンズリーグの準々決勝

バルセロナVSバイエルン・ミュンヘン

例により、録画したものを観戦。

点の取り合いという展開を期待していましたが…

序盤からとんでもない展開でございました。

試合開始早々から、バルセロナペース。

前半で何と…4ゴール。

狭いスペースだのDFの数的優位も関係なかったですな。

トップスピードであれだけ正確なプレイをされたら

防ぎようがありませんですねぇ。

この試合はメッシの独壇場でしたな。

私は、リベリーを見たかったのですが、彼にボールが

渡るシーンがほとんど無かった…というよりは

バルセロナの前線からのプレスで押し込まれてしまってましたねぇ。

最後まで何が起こるか解らんので

セカンドレグでのバイエルンの奮起に期待してみましょうかねぇ…