巡礼者のかく語りき

自由気ままに書き綴る雑記帳

きちんと観戦。

 さて、ここ最近試合を観ずに書いてしまっていますが

今回の記事は、ちゃんと試合を観てから書いております。

ただ……録画ですがねぇ…(笑)

Jリーグの方も残り試合数が少なくなってきまして

優勝争いの行方も上位の6チームに優勝の可能性がある大混戦であります。

本日観戦致しましたのは、アントラーズVSトリニータ戦です。

共に現在リーグ上位にいるチーム同士の激突であります。

私個人的に好きな選手や注目している選手が多く出場すると思ったので

この試合は観ておくべきかなと思い、録画した次第です。

注目選手

アントラーズ>>本山、内田、中田。(中田は欠場…)

トリニータ>>金崎、高松。

前半早々から、両チーム共に激しくぶつかり合う展開。

球際でのチャージやポジショニング争いが激しいですねぇ。

本山の切り返しからのシュートは、惜しくもバーに弾かれ得点ならず。

前半はアントラーズぺースで試合は進んでおりました。

後半も開始早々からアントラーズが前へのプレスが激しい。

右サイドからの突破からのこぼれ球に詰めていた

内田のシュートが決まりアントラーズが先制。

注目している選手がこう得点を決めてくれるとなんか嬉しいものがありますねぇ。

トリニータも前がかりに出て来て、色々と組み立てましたが

こぼれたセカンドボールを奪われてカウンターという場面が増えてましたねぇ。

試合の方はアントラーズの挙げた先制点が決勝点となって

アントラーズが勝ちました。

観てて感じたのは、密度の濃い試合で時間が経つのが早く感じましたねぇ。